So-net無料ブログ作成
検索選択

<フェリー座礁>2漁協 船体撤去と漁業補償案受け入れる(毎日新聞)

 三重県沖の熊野灘でのフェリー「ありあけ」横転事故で、座礁現場の紀南漁協(紀宝町)と熊野漁協(熊野市)は13日、船主のマルエーフェリー(鹿児島県)が示した現場での4分割による船体撤去案と漁業補償案を受け入れると決めた。14日、合意文書に調印し、同社は同日中にも撤去に向けた準備に入る。

 4分割案は先月24日に提示されたが、2次災害が起きた際の対応や漁業補償問題などで協議が続いていた。13日、両漁協の組合長が、同社から届いた補償の一部修正案などを検討し、合意を決めた。修正案では、休漁に伴う被害の全額補償などが盛り込まれたという。

 紀南漁協の佐田美知夫組合長は「4分割案には納得できない点もあるが、早期撤去のためにはやむをえない」と話した。【汐崎信之】

【関連ニュース
国交省:固定マニュアル作成など行政指導 フェリー座礁で
フェリー横転事故:会社側、撤去方法や時期明示せず
商船三井:次世代型フェリーの建造構想 CO2排出量半減
フェリー事故:現場で解体し撤去へ 三重県庁で社長説明
三重フェリー座礁:プラスチック粒漂着、野鳥誤飲の恐れ

小沢氏「首相になるつもりない」(時事通信)
<長崎漁船不明>第2山田丸?海底で船影確認 (毎日新聞)
3新人が届け出=宮崎市長選(時事通信)
【悠々往来 ローカル線の旅】JR五能線(初冬編) 群青色の景色に雪煙(産経新聞)
「新聞止めるな」記者奮闘 神戸新聞「1・17」ドラマ化(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。